飲んだビール

「ブルーパブ・ムーンライト」で飲んだ「デュンケルヴァイツン」が美味すぎた

更新日:



こんにちは。今回は、川崎・向ヶ丘遊園にある、出来立てのクラフトビールが飲めるブルーパブ「ムーンライト」で飲んだ「デュンケルヴァイツェン」について紹介します。

「デュンケルヴァイツェン」は今まで飲んだことがありませんでしたが、今回飲んで感動するくらい美味しかったです。

ヴァイツェン×ロースト麦芽がこれほどまでに美味しいとは思いませんでした。

デュンケルヴェイツェン

ムーンライトでは、ビールに"地元にちなんだ名前"がつけられます。例えば、「登戸の渡し(ポーター)」や「中野島(ペールエール)」などです。

しかしこの「デュンケルヴェイツェン」は、なぜかスタイルの名前がそのままビールの名前になっているという、逆に珍しいビールです。

メニューの説明も、

”小麦と生イースト特有の香りとコクの味わいを濃色に仕上げました”

となかなかあっさりとしています。

しかしながら、”スペシャリティビール”としてこのビールだけ少々お値段が高く設定されています。

このギャップは正直よくわかりませんが、しかしこのビールを飲めば、そんな細かいことは気にならなくなります。それくらい、本当に美味しいビールでした。

ヴァイツェンですので、小麦が使われています。飲んでみると、小麦のマイルドでかすかな酸味が感じられます。

エステル感もありますが、バナナというよりキャラメルのような甘みがします。

ヴァイツェン特有のバナナ香とローストモルトの香ばしさが相まみえることにより、このキャラメルのような甘みが生み出されています

こんなキャラメルのような味のするビールは初めて飲みました。苦味もなく、本当に飲みやすいビールでした。

普段ビールの飲めない方は、ベルギービールのような芳醇なフルーティーな味わいのビールや、アメリカンペールエールのような柑橘系のホップの香り豊かなビールであれば飲めるという方もいるかと思います。

このデュンケルヴァイツェンはそれらのビールともまた違って、キャラメルやココアのような飲みやすさのビールです。

とても美味しいビールでした。皆さんも機会があれば飲んでみてください。

ブルーパブ・ムーンライト

最後に、このビールを飲んだブルーパブ・ムーンライトについて紹介します。

場所は小田急線の「向ヶ丘遊園駅」から徒歩7分ほどのところにあります。

常時、いろんな種類の出来立てクラフトビールを飲むことができます。しかも、なんとMサイズが1杯300円から飲むことができるという、ブルーパブにしてはとても安いお店です。

美味しいビールを、こんなに安く飲めるなんて、本当に最高のお店でした。

他の飲んだビールはこちらで紹介しています。

営業時間:
月・水・金16:30 – 22:30
土日祝: 11:30 – 22:30
ラストオーダー: 22:00

定休日:
火曜日・木曜日(祝日の場合は翌日)

場所(小田急線の「向ヶ丘遊園駅」から徒歩約7分):

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.