飲んだビール

【バラストポイント】マンタレイ・ダブルIPA|フルーティでスムースな飲み口のダブルIPA

更新日:



こんにちは。今回は、バラストポイント(BALLAST POINT)のマンタレイ・ダブルIPA(MANTA RAY WIPA)を紹介します。

飲んだのは、「ガンブリヌス六本木」です。

ガンブリヌス六本木

まず初めにガンブリヌス六本木を紹介します。

タップ数は最大22タップと豊富です。

フードは天ぷらを中心に和食が揃っています。

天ぷら×ビールは一瞬意外な組み合わせ?と思いましたが、実際に体験してみると普通にいけました。

よくよく考えると、フィッシュ&チップスも同じようなものなので、合ってしかるべきですね。

バラストポイント(BALLAST POINT)

バラストポイントは近所の酒屋さんでもよく見かけます。

アメリカに多いですが、ホームブルーイング出身のブルワリーのようです。

もともとホームブルワーだったジャック・ホワイトが、カルフォルニア州サンディエゴにホームブルーイングに必要な機材や原材料を販売する「Home Brew Mart」を1992年設立したことから全てが始まりました。
引用:https://whisk-e.co.jp/products/mantaraywipa/

アメリカのホームブルーイング出身のブルワーといえば、「シエラネバダ」の「ケン・グロスマン」なんかが有名です。

このバラストポイントも、アメリカのクラフトビール界においては代表的な存在です。

そして1996年、「自分たちが好きで飲みたいもの」をコンセプトに店舗裏にブルワリーを開業。造るビールは軒並み高評価を得て、2010年シカゴで開かれたワールド・ビア・カップでは、小規模ブルワリー部門でチャンピオンブリワリーに選出。その後も破竹の勢いで各大会にて様々はアワードを受賞。米国内外で高く評価され、現在では米国44州および14ヵ国へ輸出されている米国クラフトビール界のパイオニア的存在です。
引用:https://whisk-e.co.jp/products/mantaraywipa/

「自分たちが好きで飲みたいもの」というのは、志賀高原ビールのコンセプトに似てますね。

クラフトビールの醸造家にとっては共通するモチベーションなのかもしれません。

マンタレイ・ダブルIPA(MANTA RAY WIPA)

さてここからはマンタレイ・ダブルIPAを紹介していきます。

バラストポイント マンタレイ ダブルIPA 355ml×3本 クラフトビール

アルコール度数が8.5%、IBUは70とパンチが効いています。だけど飲みやすい、いわゆる危険なIPAです。

マンタレイはR&Dプログラム(社内開発コンテスト)から生まれた度数8.5%のダブルIPA。フレッシュなタンジェリンシトラス、メロンの香りに、軽い松脂とスムースなフィニッシュ。名前の通りのビッグなIPAで、あなたをホップの海へと誘います。 Great American Beer FestivalでGOLD受賞。
引用:バラストポイント マンタレイ ダブルIPA 355ml×3本 クラフトビール

色合いは琥珀色。香りはフルーティです。シトラスのような柑橘系の香りです。実際に飲んでみると、とてもフルーティです。少し甘めのフルーツです。

苦味もそこそこあります。IBUは70とかなり高めただ、体感的にはそこまでは感じませんでした。

アルコールもそれほど感じません。結構飲みやすいです。麦感はあまり感じませんでした。なかなかドライです。ドライでスッキリしているせいか、するっと飲めてしまいます

とても美味しいIPAでした。

今回は以上です。

※こちらはバラストポイントの代表的なビール「スカルピンIPA」です。

飲んだ「IPA」の一覧:
https://pivoblog.com/tag/ipa

-飲んだビール
-, , , , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.