北陸旅行記 寿司

【金沢名物】回転寿司「金沢まいもん寿司」で新鮮な海の幸を堪能【北陸旅行記#5】

更新日:



前回に引き続き、北陸旅行記の続きを書いていこうと思います。

今回は、金沢で有名な回転寿司「まいもん寿司」の本店に行ったので、紹介したいと思います。前日が海鮮三昧で行くか悩みましたが、全然食べれてしまいました。どのネタも新鮮でとても美味しかったです。

北陸旅行記はこちら

回転寿司「金沢まいもん寿司」

金沢まいもん寿司は、全国に支店を持つお寿司のお店です。

回転寿司だけではなく、回らない寿司屋さんもあるようです。

外部リンク:
金沢まいもん寿司 店舗一覧

東京の上野や、京都、名古屋などにもあるようです。

今回は、金沢市にある「金沢駅西本店」に行ってきました。

金沢まいもん寿司本店

場所はこちらです。

金沢バイパス大通りに面したところにありました。今回は車で行きました。場所は見つけやすいと思います。

朝から千里浜なぎさドライブウェイに行き、この日のうちに福井県まで行く予定だったので、その途中に寄りました。

時間はだいたい11:30くらいだったかと思います。

オープンが11:00なので、オープンと同時の11:00には行きたかったのですが、千里浜なぎさドライブウェイが思った以上に楽しかったので、少しオーバーしてしまいました。

その30分間で、まいもん寿司に着いた時にはなんと前に20組も待っていました。

せっかく金沢に来たので待つこと30分以上、順番が回ってきました。

美味しいネタ

それでは注文したネタを順番に紹介して行きます。

海苔汁 240円

まずは海苔汁。

ありがたいことに海苔が多すぎて、シャキシャキ感があります。こんな海苔汁は初めてでした。

加賀百万石握り 1,180円

メニューの先頭にあった、「加賀百万石握り」です。これは一皿1180円とかなりの高額ですが、五貫盛りとなっています。

内容も充実しており、「のどぐろ」、「ばい貝」、「白えび軍艦」、「かに」、「甘エビ」とかなり豪華な顔ぶれです。

のどぐろ(二貫650円)は絶対に食べたいと思っていたし、ばい貝(二貫380円)や富山白えび軍艦(二貫650円)など、北陸の新鮮な名物ネタが食べられるということで、こちらをオーダーしました。

これが注文して大正解でした。一つずつ紹介していきます。

のどぐろ

こちらは塩でいただきました。脂が乗りすぎってほど乗りに乗ってます。それも上品なとろけるような脂です。

伊豆で食べた金目鯛を彷彿とさせるような、高級感のあるお魚でした。前日ものどぐろを食べ、これで二日連続ですが、本当に美味しかったです。

ばい貝

最初は失礼ながら、正直さほど期待していませんでした。

そもそも僕は貝には疎く、ばい貝を知りませんでした。

しかし食べてみると「コリコリ感」が半端なく、癖になるような食感でとても美味しかったです。

白えび軍艦

金沢名物の金粉が乗っています。

小粒ながら、一粒一粒の食感がしっかりとしています。白えびはなかなか食べる機会がありませんが、磯の味がして美味しかったです。

甘エビ

プリップリというより、とろけるような食感です。なかなかこんな甘エビは食べる機会がありません。とても美味しいです。

かに

最後にかにです。北陸といえば、かにもとても有名です。かにの味もしっかりとしていて、とても美味しかったです。

人気もん三昧 (380円)

さて続いては、人気もん三昧です。「サーモン」、「えんがわ」、「ぶり」です。

回転寿司に来たら、「えんがわ」は必ず食べたいのですが、今回はこれに「ぶり」がついていたので、こちらをオーダーしました。

ぶりは身がしまっていてしっかりとした食感でした。

えんがわは肉厚で、食感はしっかりとしているのですが、脂が甘くてとろけます。とても美味しかったです。

今回はこれでお勘定しました。

普段は基本的に2貫ずつのオーダーをするのですが、今回はいろんな種類の魚が食べたかったので、5貫盛りと3貫盛りを注文し、計8種類のネタを食べることが出来ました。

観光に行っていろんなその土地の地魚を食べたい時には、オススメの方法です。

まとめ

今回は、金沢のまいもん寿司本店について紹介しました。

いろんな北陸の新鮮なネタが味わえて、大満足の回転寿司でした。

食べログ評価が高いのも頷けます。

みなさんも金沢に行ったらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

北陸旅行記はこちら

-北陸旅行記, 寿司

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.