飲んだビール

【Karl Strauss カールストラウス】アイソメライザーIPA|終始ジューシーでフルーティ、ドライで柑橘系の皮の香味の残るIPA

更新日:



こんにちは。今回は、Karl Strauss(カールストラウス)のIsomerizer IPA(アイソメライザーIPA)を紹介したいと思います。

Karl Strauss(カールストラウス)

カールストラウスはアメリカ・サンディエゴにあるブルワリーです。

サンディエゴを代表するブルワリーだそうで、カリフォルニアのディズニーランドの公式スポンサーだとか。クラフトビール好きなら、ぜひおさえておきたいブルワリーですね。

かく言う自分も、カールストラウスを飲んだのは今回が初めてです。今回紹介するモザイクセッションIPA、アイソメライザー、オーロラホッピリヤスといった定番ビールをまとめて品川のアンテナアメリカで購入しました。

ここでは他ではあまり買うことのできないアメリカのクラフトビールを販売しています。

それではアイソメライザーIPAを紹介していこうと思います。

アイソメライザーIPA

ホップの絵柄がデザインされています。

このビールはモザイクホップのみを使用しているようです。

グーグル翻訳によると、「Isomerizationとは、ホップ中に存在するアルファ酸が、沸騰中にイソアルファ酸に変換される化学プロセスです。」とのことです。ホップフレイバーの抽出方法には色々と名前のついたものを見ますが、このビールではアイソメライゼイションという方法を使っている、ということを前面に押し出しているようです。

サンディエゴのブルワリー「ストーン」ではホップ・バーストという技術でホップフレイバーを抽出しているようです。

いろんな方法がありますね。

アイソメライザーIPAの特徴としては、パッションフルーツ、シトラスの皮、グレープフルーツ、砕いた小麦の香りのするIPAだそうです。

原材料は麦芽、ホップのみです。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていこうと思います。

色合いは黄金色ですが、ピルスナーなどと比べるとやや濃いめです。

香りはグレープフルーツ系のジューシーで果汁感が強く、残る香りがします。柑橘系の皮の部分から滴る果汁、的なイメージです。弾けるようなフルーティさ、ジューシさがあります。

飲んだ感じは、香り同様のフルーティさがあるが、そのままストレートに過ぎて行く感じです。

苦味もスーッとすぎて行きます。フルーティでジューシーな果汁感も、同じようにすぎて行きます。

終始ジューシーでフルーティです。麦っぽさはほとんどなく、ドライです。

香りでも感じましたが、苦味も含めて、柑橘系の皮の部分から滴る果汁のような感じがします。

苦味が割とあとを引く感じです。ドライでジューシーで柑橘系の皮の香味の残るビールでした。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.