飲んだビール

【シエラネバダ】Hazy Little Thing IPA|流行りのジューシーなニューイングランドIPA

更新日:



先日、品川にあるクラフトビールの角打ちができるお店「アンテナアメリカ」に行ってきました。

前々からずっと気になっていた、Sierra Nevada(シエラネバダ)のHazy Little Thing IPA(ヘイジーリトルシング)があったので、思わず購入。

その場でグラスに注いでもらって飲んできました。

今回はこのビールについて紹介したいと思います。

シエラネバダ

シエラネバダとは、アメリカのクラフトビール界を、昔から、今もなお牽引している伝説的なブルワリーです。

特に、ペールエールが有名です。

IPAも有名です。

シエラネバダ・ブルーイングの創業者「ケン・グロスマン」は、ホームブルーイングの出身です。1980年に創業し、愛され続け、多くのクラフトビールを世に送り出してきました。

そんなシエラネバダは今もなお進化を遂げています。

Hazy Little Thing IPA

ここからはHazy Little Thing IPAについて紹介していきます。

見ての通り濁っています。この濁りがジューシーで美味しいのです。シャインマスカット、ライチのようなアロマです。

味わいも同様に「シャインマスカット」風味がベースにあるような気がします。舌触りは割とあっさりしていて、とろりとはしていません。

ニューイングランドIPAというと、濁っていてジューシーでとろりとしたイメージを持ちがちですが、このニューイングランドIPAの舌触りはそうでもありません。

モルトもそれほど感じず、割とドライです。一言で言うと、「ホップのビール」と言う印象の強いビールです。

とても美味しかったです。

今回は以上です。

飲んだ「シエラネバダ」の一覧:
https://pivoblog.com/tag/sierra-nevada
飲んだ「ニューイングランドIPA」の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/new-england-ipa

-飲んだビール
-, , , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.