飲んだビール

【岡山地ビール 独歩】「デュンケル」|甘くて香ばしい麦芽の甘みを持つダークビール

更新日:



今回は、大江戸ビール祭りで飲んだ、地ビール「独歩」の「デュンケル」を紹介します。

「独歩」は岡山県にあるブルワリー

大江戸ビール祭りで、「何飲んでるんですか?」と声をかけられ、「ドクホ」と答えましたが、「ドッポです」と訂正されてしまいました^^;

独歩の名前はドイツに代表される伝統的なヨーロッパタイプのビールを目ざし、独立独歩、個性ある、信念のビールを醸造しようという心意気を表しています。
引用:http://www.msb.co.jp/doppo/

ドイツのスタイルを目指しているとのこと。「独」を「歩」いて目指すという意味もあるのかな?

岡山県の桃などの果物を使ったビールも造っているようです。

独歩 デュンケル

今回飲んだのは「デュンケル」です。

デュンケルとは、ドイツ発祥のダークビールです。

ドゥンケルなのかデュンケルなのかはさておき、Dunkelは「ドイツ語」で暗いという意味です。

ミュンヘン・ダークモルトによるチョコレート、トースト、ビスケットを思わせる香りが特徴です。色合いは明るい茶色から暗い茶色で、ホップの苦味より麦芽の風味を強く感じます。
引用:日本ビール検定公式テキスト

一般的には、黒ビールまでは行かないまでも、暗い茶色系統の色合いのようです。

今回飲んだデュンケルはこちら。

赤みがかったような暗さです。

匂いはモルトの甘みが感じられます

飲んでみた感想としては、思いの外、この独歩デュンケルにはロースト感はあまりありません

ダークビールにしては、スッキリとした味です。

黒ビールは香ばしいタイプの味が多いので、見た目からそう思って飲むとスッキリと感じます。

しかしながらモルトの甘味は強めです。

モルトの甘味が強いのに、さらっとしている、というのが、この独歩デュンケルの特徴なのではないかと思いました。

地ビール独歩 飲み比べ6本セット PDS-6IPM クール配送
宮下酒造
¥ 3,894
宮下酒造株式会社

大江戸ビール祭り

このビールを飲んだ「大江戸ビール祭り」では、他にもいろんな種類のビールを飲みました。

こちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.