飲んだビール

【本場のアルト】デュッセルドルフ「フランケンハイム」醸造所の樽生「アルト」

更新日:



今回は、フランケンハイムの「アルト」について紹介します。

フランケンハイムとは、アルトビールの本場「デュッセルドルフ」にある醸造所です。

アルトビールは日本のブルワリーでもよく造られているスタイルですが、デュッセルドルフのアルトを飲む機会はそうそうありません。

今回はたまたま、横浜オクトーバーフェストで出品されていたので、本場の樽生アルトを飲むことができました。

アルト=「古い」という意味のビール

ヴァルシュタイナーというお店で売られていました。

フランケンハイムと同じノルトライン・ヴェストファーレン州にある醸造所です。

ドイツ、デュッセルドルフで愛されているアルトビア。色は銅褐色、ホップが効いたまろやかな味。深いコクがありながらも後味はすっきり。昔ながらの伝統製法で作られていることから、アルト=「古い」と呼ばれています。

ここで伝統製法というのは、「上面発酵」を指しています

ドイツビールで誕生した「ラガー」の製法は、「下面発酵」です。一方、「上面発酵」は、下面発酵よりも以前からイギリスで用いられていた製法です。

下面発酵を基準として、より伝統的な、古い製法で造るビール、という意味で「アルト(=古い)」と呼ばれています

フランケンハイム「アルト」

アルトビールは「シュタンゲ」というグラスで飲まれます。

シュタンゲは「棒」という意味です。長細い形をしています。

アルトの他に、「ケルシュ」もこのグラスで飲まれます。

色合いは、思っていたよりだいぶ黒です。

褐色のイメージはもともとありましたが、本場のアルトビールは濃い色をしていました。

モルトの甘くて香ばしい匂いがします。

飲んで見た感想ですが、一言で言うとかなり苦いビールでした。

この苦味は、IPAなどとはちょっと違っていて、コーヒーのような香ばしい苦味です。

全く嫌な苦味ではありません。

苦い一方で、モルトの甘味もしっかりと感じます。

最初は甘い香りがしますが、後味は香ばしい苦味が鼻から抜けていきます

同時に、上面発酵由来の芳醇さも残ります。

甘味と苦味が対峙して、苦味が押し切るような感覚です。

この甘味と苦味のバランスが不思議なビールでした

横浜オクトーバーフェスト2018

さてこのアルトビールを飲んだ横浜オクトーバーフェストでは、他にもハッカープショールのメルツェンや、ケラーを飲みました。

どちらも滅多に飲むことができないレアなビールです。とても美味しかったです。

オクトーバーフェストでしか味わえないビールもあります。毎年やっているので、今年行けなかった方も、来年はぜひ行ってみてはいかがでしょうか!

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.