飲んだビール

オクトワンブルーイング アップストリームIPA|ホップを大量に使用した、マイルドでフルーティなアメリカンスタイルIPA

投稿日:



今回は、群馬県みなかみ町にある「オクトワンブルーイング」のアップストリームIPAを紹介したいと思います。

オクトワンブルーイング

オクトワンブルーイングは群馬県の水上温泉にあるマイクロブルワリーです。2017年9月に設立され、2018年5月26日にグランドオープンした比較的歴史の新しいマイクロブルワリーです。

ホームページを見ると、6種類のスタイルが紹介されています。エールスタイルが中心で、アメリカンスタイルのホップフレイバーをきかせたビールが多いです。他にもセゾンやポーター、ケルシュを造っていて、僕個人的には好きなスタイルが多く、とても好みです。

今回、ふるさと納税の返礼品をふるさとチョイスで検索していたところ、このブルワリーのビールが目に止まり、申し込んでみました。

デザインもスタイルのラインナップもハイセンスです。

今回はこの中から、アップストリームIPAを飲んだので紹介したいと思います。

アップストリームIPA

それではアップストリームIPAを紹介していきます。

アメリカンホップを大量に使用
苦みが強く、ホップの風味が支配的
ハイアルコールビール

引用:https://oct-1.com

アメリカンホップを大量に使用した本格的なアメリカンスタイルのIPAです。オクトワンブルーイングのビールはここまで「オクトネ」や「ヤマビト」、「モリノ」、「カヤバ」など、各ビールの頭には和風な名前がついていましたが、これは「アップストリーム」と洋風な名前がついています。

大量のホップを使用しながら(通常の4倍/当社比)、苦味を抑えて柑橘系の香りを強調。サワーモルトの酸味とオートミールのまろやかさで、爽やかな飲み口です。

瓶裏には苦味を抑えて・・と書かれてますが、ホームページには苦味が強く、とあります。どちらが本当なのでしょうか、これは飲んで確認してみるしかありません。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていきます。

注ぐとこんな感じです。だいぶ濃色です。ヤマビト・エールと比べてもだいぶ濃いです。

香りはとてもジューシー。甘みが強く、トロピカルというよりもフルーティな印象です。シトラス系でもないです。桃やメロンまでは行きませんが、それっぽい甘みが感じられます。使用しているホップはカスケード、シトラ、シムコー、アリマロ、といったアメリカンホップです。よくみるホップです。

飲んだ感じは、マイルドな口当たりでフルーティな香味が心地よいです。苦味も少し残ります。ですがホップフレイバーやマイルドなモルト感により、そこまで強調されていません。バランスは良いです。

飲みやすいと思います。ホームーページに書いてある説明よりも、瓶裏に書いてある説明の方が適切だと思いました。ホームページも瓶裏の説明に合わせれば良いのに、と個人的には思います。

マイルドでフルーティなアメリカンスタイルIPAでした。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.