飲んだビール

【箕面ビール】Brut IPA|爽やかなシトラスフレイバー、ドライな飲み口、苦味が強調されることなくバランスのとれた永遠に飲めるIPA

投稿日:



今回は、箕面ビールのBrut IPAを紹介したいと思います。

箕面ビール

箕面ビールは、世界的なビアコンペでも多数賞を受賞していて海外でも評価されている日本が世界に誇るクラフトブルワリーです。スタウトやヴァイツェン、W-IPAなんかが毎年のように賞を受賞しています。

ブルワリーは大阪の箕面市にあります。併設された直営店「WAREHOUSE」では、出来立てのビールを飲むことができます。

先日、WAREHOUSEに行って、出来立てのビールを色々飲みました。

今回は、その時に飲んだBrut IPAを紹介したいと思います。

Brut IPA

まず「Brut IPA」についてですが、ここ最近よく聞くIPAです。僕は昨年末初めて飲みました。

アメリカンスタイルのIPAにはいろんな種類があります。濁った(ヘイジーな)IPAの「ニューイングランドIPA」も流行っていますが、これは東海岸系のIPAです。

対して、Brut IPAは西海岸で生まれたIPAです。西海岸系のIPAはウェストコーストIPAなどと呼ばれたりもしますが、Brut IPAは特にドライな口当たりが特徴です。その分ホップフレイバーが際立ちます。モルトの甘味が少ない分、バランスを取るのが難しいと思われます。

個人的には、名前をつけてしまえばそのスタイルになると思っているので、割とブルワリーごとに特徴が出るものだと思っています。例えば、志賀高原ビールが造るニューイングランドIPAはドライなイメージが強いです。

どこのブルワリーで造ったかの方が重要な気がしています。

それでは箕面ビールのBrut IPAを紹介していきます。

飲んだ感想

こちらがBrut IPA。淡色で、少し濁った色をしています。

グレープフルーツ、ライチ、めちゃくちゃ爽やかなすごくいい香りです。最高の香りです。

飲み口はドライでグレープフルーツ感が強いです。

ドライなのに、苦味が強調されることもなく、めちゃくちゃ爽やかで飲みやすいです。炭酸が弱いからでしょうか。苦味もとても心地よく感じます。

ここのビールは飲みやす過ぎて何杯でも飲めてしまそうです。このビールは特に、できれば一杯目に飲みたいビールだと思いました。

とても美味しかったです。今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.