飲んだビール

【リンデマンス】フランボワーズ|ラズベリー果汁が入った酸味の効いたフルーツ・ランビック

更新日:



こんにちは。今回は、リンデマンスの「フランボワーズ」を紹介したいと思います。

リンデマンス

リンデマンスとはベルギーにある醸造所です。

ブレゼンベーグ(Vlezenbeek)という町にあるようです。

この醸造所では伝統的にランビックビールが造られています。

ランビック

以前、リンデマンスの「ファロ」というランビックを飲みました。

こちらの記事でも紹介していますが、ランビックとは「自然発酵酵母」によるビールです。醸造所に住み着いている酵母を使ってビールを醸すので、その醸造所独特な香味のビールとなります。

「ファロ」もそうでしたが、酸味の効いた味わいのものが多いです。

他にも、川崎にある「ムーンライト」というブルーパブでランビックを飲んだことがあります。

僕が今のところ飲んだランビックはこのくらいです。なかなか出会える機会が少ないので、見つけたら飲んでみるようにはしています。

リンデマンス フランボワーズ

さて今回飲んだのはリンデマンスの「フランボワーズ」です。フランボワーズはラズベリー(木苺)ですが、このビールはフルーツ・ランビックと言われる部類のビールです。

ランビックにフルーツ果汁を加えています。

原材料は他のビールと比べると様々なものが入っています。麦芽、ホップに加えて、小麦、糖類、ラズベリー果汁、そして甘味料(ステビア)等様々です。

麦芽使用率は25%未満ということで、日本の酒税法では発泡酒に分類されます。さすがに25%まで来ると、他のビールと比べて麦感も少なくなるのかな、と思います。

ベルギーのビールは氷砂糖を加えたビールなど伝統的にユニークな製法をしているものも多くあります。そこにベルギーらしさがあるような気がします。

飲んだ感想

ここからは飲んだ感想を書いていきます。

こちらがパッケージ。1822年と書かれていますが、海外のビールは歴史を感じます。ちなみにこの時日本は文政5年、江戸時代真っ只中です。

またしっかりとLAMBIC BEERとも書かれています。

注いでみるとこんな感じです。色合いはワインのような濃い赤みがかった色です。

泡も濃いピンクに色づいています。

香りはフランボワーズの香りです。甘酸っぱい香りで、もう普段飲み慣れているビールっぽさはありません。飲んでみると、酸っぱいです。酸味がとても効いています。ビールじゃないみたいです。ビールというよりジュースのようです。

酸っぱくて、独特の甘みがあります。麦の甘みとは違っています。ランビック酵母から来る酸味とラズベリー果汁から来る酸味とあると思いますが、ラズベリー果汁をそのまま飲んだらもっとはっきりとした味だろうな、と思います。激しさを緩和するような、まろやかさが感じられました。もちろん、ビールと比べたら酸っぱいです。

これなら普段ビールを飲まない人でも飲むことができると思います。ランビックも飲んでみると、こういうビールもあるんだということが知れて面白いです。

今回は以上です。

created by Rinker
リンデマンス
¥4,000 (2020/09/28 14:28:40時点 Amazon調べ-詳細)

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.