九十九里旅行記 寿司

【九十九里浜】迫力満点!新鮮で旨いお刺身・お寿司が食べられる、地元のお寿司屋さん「寿し清」

更新日:



先日、九十九里浜に行ってきました。

九十九里浜は千葉県の太平洋側に面する砂浜海岸です。

都心からは車で約1時間半で行けるので比較的アクセスはいいです。

イワシやハマグリなどの海鮮が有名です。

また九十九里といえば、サーフィンスポットとしても有名です。

今回は、サーフィンをしに行ったのではなく、麻雀のできる宿「城之内荘」をたまたま九十九里に発見したので、ちょっとした旅行で訪れました。

外部リンク:城之内荘
http://jounouchisou.co.jp

このあたりは「白子温泉」という温泉が出ており、宿もちらほら散見されます。

昼麻雀をやり、夜は海鮮を食べに出かけるという、かなり退廃的で楽しい旅行でしたが、、九十九里で食べた海鮮はボリュームがすごくて本当に美味しかったです。

今回は、城之内荘から歩いて行ける距離にある回らない寿司屋「寿し清」を紹介します。

寿し清

訪れたのは夜18時頃。

念のため電話をした上で訪問。すぐに入ることができました。

店内にはカウンターと座敷があります。

まずはビールとお任せで簡単につまめるものを注文。

美味すぎる九十九里名物「ながらみ」

すると出てきたのはこちらの貝

九十九里の名物で、「ながらみ」というそうです。

爪楊枝をさして、巻貝の巻きに合わせて、くるくると回転させると中の身が出てきます

これがかなりの美味でした。サクッとした歯ごたえがあって、旨味がぎゅっと詰まっています。

また、うまく回転させることができると、肝までついてきます

この肝が、苦味がなく濃厚で、とても美味しかったです。

九十九里に行ったら、ぜひ食べたいグルメです。

超豪華な刺身の盛り合わせ

続いて出てきたのはこちらの刺し盛り

もう見た目で圧倒されます。。。

こんなに大きな赤貝は見たことがありません。

打ち上げ花火のように、花びらが大きく開いているかのようです。

お正月でもないのに、こんなに大きな数の子も食べてしまいました。

健康診断大丈夫かな。。。

続いてホタテ。これも肉厚で最高に美味しかったです。

そしてやっぱり一番好きなトロです。

脂が乗っていて、とろけます。この脂が甘くて本当に美味しいです。

九十九里まで来て、「こういうのが食べたかった」というものがまさに食べられました。夢が叶った時の気分です。

千葉の地酒・純米大吟醸「睦水」

新鮮な魚には、やはり日本酒があいます。

せっかく千葉に来たので、千葉の地酒を飲みました。

千葉県の睦沢町で造られている「睦水」という日本酒です。

これがまたものすごく美味しかったです。

癖がなく、またフルーティで、とても飲みやすかったです。

また、米の旨みも感じられ、甘みがあってとても美味しかったです。

美味いお刺身と旨い酒、本当に最高でした。

お待ちかねのお寿司

さてメインのお寿司です。

今回は「上寿し」を注文。

まず海苔の美味さに驚きました。

右下にある巻き寿司です。

たくあん(お新香)巻き、納豆巻き、鉄火巻き、全て今まで食べた中で一番美味しい巻き寿司でした。

大将が巻いた、温かみのある、味のある巻き寿司といった感じです。

とても美味しかったです。

そして注目はやはり左上のトロです。

刺身の時とはまた違って、酢飯とコラボすることによって、甘みが増します。

噛めば噛むほど脂の旨味が倍増して、より幸福感が増していきます

回らない寿司の「味」を噛みしめることのできるお店でした。

そして最後はシメの汁物を出してもらいました。

魚の旨みが滲み出ていて、落ち着く味です。

心の底から、ごちそうさまでした。と言いたくなるシメでした。

九十九里浜に行ったら、新鮮なお寿司をぜひ味わって見てください。

今回は以上です。

店舗情報

寿し清

営業時間:
11:00~14:00
16:00~22:00

定休日:
木曜日

アクセス:

-九十九里旅行記, 寿司

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.