長野旅行記 グルメ

【長野 善光寺】九一そば 今むら|風味豊かでコシのある「御前そば」が食べられる善光寺参道の穴場のそば屋さん

投稿日:



こんにちは。今回は、長野県長野市「善光寺」の参道にある、信州そばのお店「九一そば 今むら」を紹介したいと思います。

善光寺

善光寺とは、長野にあるお寺です。「一生に一度は善光寺詣り」と言われるように、一度は行っておきたいスポットです。

善光寺の特徴は、長野駅から一本道で続く参道です。

この長い参道には、そば屋、おやき、お土産や、など、いろんなお店があります。

この長い「善光寺参道」には、いろんなお店が軒を連ねています。今回は、そば屋の「今むら」を紹介したいと思います。

九一そば 今むら

長野駅から善光寺にかけては、そば屋がたくさんあります。

食べログ上位のところでいうと、大善や大丸といったお店が出てくると思います。

しかしこれらのお店は、僕がいった時は長蛇の列ですぐには入れそうにありませんでした。

そこで今回行ったのは、仲見世のあたりからだいぶ長野駅方面に降りて行ったあたりにある「九一そば 今むら」というお店です。

善光寺からは歩いて約9分くらいのところにあります。少々歩きますが、待ち時間を考えるとさほど気にはなりませんでした。

また、味もとても美味しかったので、まさに穴場だと思います。

店内はこんな感じで綺麗で広々としていました。とても居心地の良い空間です。

九一(くいち)そば

このお店のそばは「九一(くいち)そば」と言うそうです。

九一とは、「そば粉九割、粉一割」のことだそうです。つなぎを一割以下に抑えてそば粉が九割以上、という、こだわりの伝統的な製法で作られたのがこの九一そばだそうです。

十割そばというのはよく聞きますが、九一そばというのは初めて聞きました。

こちらは大善ですが、十割そばです。

今むらのホームページによると、「そば粉配合比が高いほど時間の経過による変質が激しく、切れやすくなる」のだそうです。

こだわりの配合比で作られたのが、今回紹介する九一そばなのですね。

メニュー

それではメニューを紹介します。

今回食べたのは、このお店の看板商品「御前そば」です。

ちなみ飲み物もあります。今回は、日本酒の「水尾」も飲みました。

御前そば

こちらが御前そばです。御前そばには特有の「風味」、「はぎれ」、「そばのコシ」、など、いずれも他では味わえない美味しさがあるとのことです。そのために、まずは何にもつけて食べることを推奨されています。

そばに艶があります。また、風味もそば粉の良い香りがします。

また、麺はしっかりとしていて、コシの強さが違います。モッチモチで弾力がすごいです。

こちらは天ぷらです。天ぷらもサクサクでとても美味しかったです。

エビは大きくてプリップリです。

天ぷらの御前そば、最高でした。

水尾

こちらは水尾という日本酒です。

おちょこに味があります。

味は薄口でスッキリとしたタイプの日本酒でした。

こちらもそばに合ってとても美味しかったです。

□詳しくはこちら:

まとめ

今回は、長野市の善光寺の近くあるそば屋「九一そば 今むら」を紹介しました。御前そばはコシがあって、普段食べるようなそばとは一味違いました。ツルツルっと食べるとそばのとても良い風味も感じられて、とても美味しかったです。

善光寺に行った際にはぜひ食べてみてください。今回は以上です。

店舗情報

営業時間:
平日 AM11:00~PM7:00
土・日・祝日 AM11:00~PM6:00
※品切れ閉店の場合もあるそうです。

定休日:
火曜日

アクセス:
長野駅から徒歩約17分、善光寺から徒歩約9分

-長野旅行記, グルメ

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.