北陸旅行記 グルメ

【金沢】ホワイト餃子が食べられる人気店「第七ギョーザのお店」はソウルフルな餃子の専門店【北陸旅行記#10】

更新日:



こんにちは。前回に引き続き、北陸旅行記の続きを書いていこうと思います。

前回は、福井県の東尋坊の絶景について紹介しました。今回は、金沢に戻って、ランチで食べた「第七ギョーザのお店」のホワイト餃子について紹介したいと思います。全10回にわたって紹介してきた北陸旅行記ですが、今回が最終回になります。

北陸旅行記はこちら

「第七ギョーザのお店」とは

「第七ギョーザのお店」とは、金沢市内にある餃子の専門店です。

テレビでも紹介されるほどの有名店で、いつも行列ができているようです。

「第七」というお店の名前が気になります。

この第七ギョーザのお店ですが、「ホワイト餃子グループ」というグループのお店のようです。

お店は、金沢駅からだと車で20分ほどの所にあります。

車があると行きやすいです。

金沢市内の観光は、車よりバスや徒歩が断然便利だったので、市内観光中は車を使いませんでしたが、その後レンタカーを借りて福井県に行き、帰りの新幹線がまた金沢からだったので、レンタカーを返すまでの時間でこの第七ギョーザのお店に行きました

お店の入り口は二つありますが、こちらの入り口から入って並びます。

お昼ときは少し外して、遅めの時間に行きましたが、それでも10〜20人近く並んでいました。

ホワイト餃子グループとは

先に「ホワイト餃子グループ」について紹介しておきます。

このホワイト餃子グループですが、千葉県野田市に本店があり、東北から九州まで、全国に店舗があります。

第七ギョーザのお店も、この中の一つです。

ホワイト餃子という独自の餃子を提供してくれます。

名物「ホワイト餃子」

さてそれではホワイト餃子の紹介です。

ホワイト餃子は、餃子が潜るくらい油をいっぱいにして焼き上げます。

たこ焼きで言えば、いわば銀だこのような焼き方ですね。銀だこもカリッカリで美味しいですよね

たくさんのフライパンが並んでいます。

席に着いてから焼き始めるため、熱々の餃子が食べられます。なので少々待つことにはなりますが、それはいたしかたがありません。

そしてホワイト餃子はこちらです。

形状は丸っこくて小ぶりですが、個数が多くて大満足の量です。

ライスとスープが出てきたので一緒に写真を撮りました。

この時は餃子を一つ食べた後でしたが、合計10個の餃子が乗っていました。

味ですが、生地がとても特徴的でした。モッチモチで、生地の味がとても好きでした。美味しかったです。

10個の餃子をひたすら無言で食べるこの感じは、どこか金沢のソウルを感じずにはいられません。

ソウルフード感がありました。

まとめ

今回は、金沢の人気店「第七ギョーザのお店」のホワイト餃子について紹介しました。

もちもちの生地がとても美味しく、何個でも食べられるような餃子でした。黙々と食べました。

金沢のソウルフードとして心に刻みました。またいつか来たいと思います。

また、今回の第10回をもって、北陸旅行記を終わりにしたいと思います。

>海鮮をこれでもかというくらい満喫でき、歴史ある金沢市内の観光や日本海沿のドライブも最高でした。

まだまだ北陸の魅力は尽きないと思いますので、また必ず再訪したいと思っています。お金さえあれば、新幹線ですぐなのに、、と思っています。

今回は以上です。

店舗情報

営業時間:
11:00~翌2:00(L.O.翌1:45)
水曜日((祝日の場合は翌木曜日が休み)

公式サイト:
第七ギョーザのお店

場所:

北陸旅行記はこちら

-北陸旅行記, グルメ

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.