ブルワリー・ビアバー紹介

十条すいけんブルワリー ビアプラスプラス(Beer++)|料理もビールも美味しい!木の温もりを感じる店内の雰囲気も良いブルーパブ

更新日:



今回は、十条にある「十条すいけんブルワリー ビアプラスプラス(Beer++)」を紹介します。

十条すいけんブルワリー ビアプラスプラス(Beer++)

十条すいけんブルワリー ビアプラスプラスは、十条駅の直ぐ近くにあるブルーパブです。

JRの路線沿いにあります。

水研クリエイト株式会社という水質・土壌調査の会社の1事業として開業されたブルーパブだそうです。

□公式ホームページ:
http://plusplus.suiken.beer/2015/01/blog-post_26.html

店内に醸造施設があって、つくりたてのビールをビアレストランで飲むことができます。

このお店に着いたのは夜の8時頃でした。1階と2階があって、1階はお客さんでいっぱいでした。

1階はカウンター席と、外にも席があります。黒板にはメニューやその日のビールが書かれています。どうやら今5周年アニバーサリーだそうです。

こちらは2階の様子です。2階は結構広いです。木の温もりを感じられる優しい雰囲気です。

このすいけんブルワリーは、アドバンストブルーイングの相澤塾出身というのを聞いたことがあります。なので一度飲んでみたいとずっと思っていましたが、今回ようやく飲みに行くことができました。

それではここからは、飲んだビールを紹介していこうと思います。

ちなみにこのブログでは、今まで訪れた東京のブルワリー・ブルーパブをまとめているので、こちらもぜひご覧ください。

□東京のブルーパブ・ブルワリー:

メニュー

すいけんブルワリーのオーダーのシステムはとても先進的です。

QRコードを読み込んで、スマホから注文することができます。

2階からでも問題なく注文することができて、割と直ぐに持って来てくれました。

これでそのままペイペイとかで支払いができたらもっとすごいと思いました。

さてこの日のタップリストはこちらです。

このお店で造っているビールが7種類ありました。しかしほとんどが変わり種ビールです。一番上がシトラホップを使ったビールで、これは王道の本格的なペールエールでした。今回はこのビールのLergeサイズを注文しました。

フードメニューはこんな感じです。

フードもいくつか注文しましたが美味しかったです。二次会だったのでつまみしか食べませんでしたが、今度来た時はがっつりと食べてみたいです。

飲んだビール

今回飲んだのは、「ルート2020シトラ」というビールです。

スタイルはアメリカンスタイルのペールエール。「アメリカ産シトラホップのトロピカルな香りが人気のビールです。」とのこと。2020という年号が入っているところが、シリーズ化された人気商品であることを想像させます。

実際に香りを嗅いでみると、ホップ由来のめちゃくちゃいいアロマです。口当たりは爽やかですーっとしみてくるような味わいです。

□詳しくはこちら:

食べたもの

最後に食べたものを紹介します。

こちらはポリポロエスニックセロリです。

エスニックな香りのする、シャキシャキなセロリです。とても美味しかったです。

こちらはクリスピーフライドポテト。

ノーマルタイプのポテトです。これも美味しかったです。ビールにとても合いました。

雰囲気も良くてビールも美味しく、とてもいいブルーパブでした。またぜひ来たいです。今回は以上です。

こちらもぜひご覧ください。

□東京のブルーパブ・ブルワリー:

店舗情報

□営業時間
火曜日~金曜日 17:00~23:00(ラストオーダー22:30)
土曜日、祝日  15:00~22:00(ラストオーダー21:30)

※公式サイト:http://plusplus.suiken.beer/2015/01/blog-post.html

□アクセス:
十条駅から徒歩約1分

-ブルワリー・ビアバー紹介

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.