米沢旅行記 焼肉・ステーキ

【米沢牛】「オルガン」の「特上サーロインステーキ」の凄まじい迫力!脂身の甘みが衝撃的な旨さだった(米沢旅行記#1)

更新日:



こんにちは。先日、山形県・米沢市に行ってきました。今回は、その時に食べた米沢牛ステーキのお店、「オルガン」を紹介したいと思います。

米沢旅行記の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/traveling/yonezawa-trip

米沢といえば

「米沢」と聞いて思いつくのは「米沢牛」ではないでしょうか。

日本には全国各地にブランド和牛がありますが、その中でも選りすぐりの超有名な和牛のことを「日本三大和牛」と呼んだりします。

コトバンクによると、「日本の代表的な銘柄牛あるいは銘柄牛肉のこと。松阪牛・神戸ビーフと、近江牛または米沢牛の三つをいうことが多い(引用:https://kotobank.jp/word/日本三大和牛-675707)」とのことです。つまり、米沢牛は松坂牛、神戸ビーフ、近江牛に並ぶ日本の代表的な和牛ということになります。

こうして見ると関西に集中しているように見えますが、その中で米沢牛はとても奮闘しています。

米沢牛のお店

さて米沢に行くと、米沢牛のお店はいくつかあります。有名どころとしては、以前バナナマンのせっかくグルメというテレビ番組で紹介されていた「金剛閣」や、食べログで上位の「登起波」などだと思いますが、今回行ったのは「オルガン」というお店です。

オルガン

オルガン。店内は落ち着いていて、レコードプレイヤーと大きなスピーカーがあります。

ジャズのレコードなどがたくさん置いてありました。

メニューはこんな感じです。

やはり米沢牛、お値段は張ります。通常のステーキ屋とは一線を画しています。この「オルガン」がおすすめなのは、お肉が美味しいのはいうまでもありませんが、上で書いた「金剛閣」や「登起波」といったお店の値段と比べると安い価格で高級な米沢牛が食べられるというところです。

今回食べたのは、200gの特上サーロインステーキです。

特上サーロインステーキ

ステーキを注文すると、セットでサラダとスープ、ごはんが付いてきます。

このスープがとても美味しいです。牛の出汁がとても出ていて、上品な味がします。テールスープのような味です。山形には、「芋煮」という伝統的な料理がありますが、山形の芋煮は牛出汁ベースでとても美味しいです。ちなみに仙台の芋煮は味噌ベースで全く違う味です。僕は山形風が好きです。

米はつや姫だそうです。山形にはつや姫やはえぬきといった美味しい米がありますが、つや姫はもっちりねっとりとした食感で、はえぬきは割としっかりとして粒のたった食感がある印象です。どちらも美味しいですが僕はどちらかというとはえぬきの方が好きです。

そしてこちらが特上サーロインステーキです。

凄まじい迫力です。もうこれは肉の爆弾です。

口に入れた瞬間、肉の脂身の甘みが口いっぱいに広がります。この甘みが上品すぎてたまりません。米沢牛を初めて食べた時の衝撃はすごかったですが、何度食べても、その衝撃がやってきます。

ちなみにこちらは特上のランプ。

これはサーロインよりも肉肉しい味でした。でも上品な甘みも感じられます。サーロインの方が脂が乗っていて、ステーキ食ってるなあと思えます。どちらも最高にうまいです。

まとめ

今回は、米沢牛のお店「オルガン」を紹介しました。

日本三大和牛は想像をはるかに超える味です。肉の甘み・旨みを存分に味わうことができます。

とても美味しかったです。

今回は以上です。

米沢旅行記の一覧はこちら:
https://pivoblog.com/category/traveling/yonezawa-trip

店舗情報

営業時間:
月~土・祝 11:30~14:30 17:30~20:30
日曜日   11:30~14:30 17:30~20:00

アクセス:
JR米沢駅より、徒歩15分

-米沢旅行記, 焼肉・ステーキ

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.