飲んだビール

【シエラネバダ】トルピードエクストラIPA|ホップの苦みが強烈な本場のアメリカンスタイルIPA(Sierra Nevada)

更新日:



こんにちは。今回は、シエラネバダ(Sierra Nevada)のトルピードエクストラIPA(Torpedo Extra IPA)を紹介したいと思います。

シエラネバダ(Sierra Nevada)

シエラネバダは、カリフォルニアにあるブルワリーです。

このブログでも何回か紹介しています。

シエラネバダの一覧:
https://pivoblog.com/tag/sierra-nevada

シエラネバダブルーイングの創業者「ケン・グロスマン」は、ホームブルーイングの出身です。

アメリカのクラフトビール界を牽引してきた、伝説的な存在です。

クラフトビールに迷ったら、まずはシエラネバダを飲んでおけば間違いはないと思います。

トルピードエクストラIPA

ここからはトルピードエクストラIPAを紹介していきます。

買ったのは、渋谷の東急フードショーです。駅ビルの地下1階です。

そこそこクラフトビールがたくさん置いています。

これだけあると何を買うか悩みます。。

トルピードエクストラIPA発見。

このIPAはとても評価が高く、ビール評論家の マイケル ジャクソン(※ビール検定公式テキストにも出て来る、ビール史における有名人)が、高評価したことでも有名です。

パッケージは色鮮やかなグリーンを基調としています。ペールエールより濃い目のグリーンです。

この大自然の描かれたパッケージがいい感じです。

色合いはやや濃いめです。茶褐色といったところでしょうか。香りはフルーティで、グレープフルーツのような柑橘の香りがします。ところで、「トルピード」とは魚雷のことを表します。

魚雷のような、強烈なホップを効かせたIPAということでしょうか。僕は飲むまで、勝手に「トロピカル」と勘違いしていました。甘くて苦味がないようなIPAを想像して買ってきましたが、これが正反対の味です。

飲めば飲むほど苦いです。今まで飲んだ中でもかなり苦い方だと思います。調べてみるとIBUは65。これまで70を超えるIPAを飲んできましたが、それらよりもこのIPAが一番苦く感じました。体感のIBUはもっとあるような気がしました。

麦感はなかなかで、ミドルボディといったところです。アルコール度数は7.2%です。とにかく、ホップを強烈に感じます。

柑橘系の爽快なフルーティさと、強烈な苦味が口の中で激突して、苦味が勝つ感じです。これが本場のアメリカンIPAか。。。アメリカンスタイルIPAの洗礼を受けた感じです。

まさに魚雷のような強烈にホップを感じるビールでした。

この機会にぜひ飲んでみてください。

シエラネバダ トルピードエクストラIPA
Sierra Nevada(シエラネヴァダ)
¥ 550
酒の岡田屋

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.