飲んだビール

【隅田川ブルーイング】ペールエール|華やかな香りと濃厚なモルトの味わいの、イングリッシュペールエール

更新日:



こんにちは。今回は、隅田川ブルーイングの「ペールエール」を紹介したいと思います。

ペールエール

ペールエールはクラフトビールでもおなじみのスタイルです。大手ビール会社が醸造しているピルスナーは下面発酵(ラガー)タイプのビールですが、ペールエールは上面発酵(エール)で発酵や熟成の工程に違いがあります。

エールには華やかな香りや味わいにも複雑なコクがあり、またラガーと比べてつくりやすいので、多くの日本のクラフトビールブルワリーでもつくられています。イギリスのバートン・オン・トレントで生まれたペールエールは、アメリカのホームブルワリーで盛んにつくられ、柑橘系のホップを使用したフルーティなアメリカンペールエールとしてその地位を築きました。

日本ではよなよなエールなんかがアメリカンペールエールの代表格です。

ペールエールが美味しいブルワリーのビールは他のビールも美味しいことが多いです。クラフトビールを飲む際には、まずはペールエールを飲んでみる、というのもオススメです。国内外で多くのペールエールが造られているので、色々と飲み比べてみるのも面白いです。

飲んだペールエールの一覧:
https://pivoblog.com/tag/paleale

隅田川ブルーイング「ペールエール」

さて隅田川ブルーイングの「ペールエール」ですが、2018年11月6日より、コンビニを中心に缶が数量限定で発売されるようです。

『TOKYO隅田川ブルーイング ペールエール』
ホップの爽やかな香りと心地良い苦味”をお楽しみいただけるエールビールです。香り付けに2種のアロマホップを使用すると共に、200年以上の歴史を持つ英国伝統のホップ品種「ケント・ゴールディング」を一部使用し、引き締まった心地良い苦味を実現しました。また、上面発酵酵母を採用し、豊かなコクと香りをお楽しみいただけます。
引用(アサヒビール ニュースリリース):https://www.asahibeer.co.jp/news/2018/1026_2.html

英国のホップ品種を使用しているとのことで、隅田川ブルーイングはイングリッシュスタイルのペールエールですね。

今回、隅田川ブルーイングの「ペールエール」は新宿にある「クラフトビール貴」で飲みました。

飲んだ感想

それでは飲んだ感想を書いていきたいと思います。

色合いは銅色です。イギリス伝統のバス・ペールエールと同じような色合いです。香りは華やかなエステル香です。飲んだ印象としては、とてもモルティだと思いました。

マイルドで濃厚なモルトのコクが味わえます。クラフトビール貴では、隅田川ブルーイングのクラフトビールを6種類飲みましたが、その中で一番モルティです。

華やかなエステル香と、マイルドなコク、口当たりから後味まで、終始優しさのある味わいです。ゆっくりと味わいたいビールでした。とても美味しかったです。

今回は以上です。

店舗情報:個室×クラフトビール 貴

今回紹介したペールエールは、新宿にある「個室×クラフトビール 貴」で飲みました。

tokyo 隅田川ブルーイングのビールを6種類も飲むことができて、しかもクラフトビールの飲み放題プランがあるため、飲み会利用にも最適なお店です。

別の記事で紹介しているのでよろしければご覧ください。

□「個室×クラフトビール 貴」の紹介記事はこちら:

営業時間:
16:00~25:00

アクセス:
新宿駅東口から徒歩約1分

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.