飲んだビール

【志賀高原ビール】House IPA|トロピカルで松っぽさもあるホップフレイバー。志賀高原渾身のインペリアルIPA

更新日:



今回は、志賀高原ビールのハウスIPAを紹介します。

志賀高原ビール

志賀高原ビールは長野県の志賀高原にあるブルワリーです。

自分たちが飲みたいビールを造るというコンセプトのもと、ホップフレイバーの効いた美味しいビールを造っています。ホップを栽培し、とれたてのホップを使用してビールを醸造する、まさに「風土を醸す」というのを形にしているブルワリーです。

以前、志賀高原ビールの直営店、「Farm House」に行きましたが、ここは最高の場所でした。

志賀高原ビールは、ドライなビールが多い印象です。ドライでホップフレイバーが強調されています。

今回飲んだのは、志賀高原ビールの「ハウスIPA」です。

FARMHOUSEの紹介記事はこちら:

House IPA

公式サイトでは以下のように紹介されています。

マリスオッター100%のベースに、これでもかというほどのホップを使ったこのビール。8%の度数を感じさせないほどの爽快さが特徴の自信作
引用:http://www.tamamura-honten.co.jp/?pid=97647134

アルコール度数はなんと8%です。スタイルはインペリアルIPA。これは気合を入れて飲まないといけません。

香りはホップフレイバーがきいていてとてもトロピカルです。松感もあります。アメリカンホップがきいています。

飲んだ感想は、松感のあるフルーティさです。シトラスというよりは果肉系のトロピカルフレイバーです。これはとても美味しいです。

ハウスIPAといいますが、まさにそんな感じです。家で飲みたくなります。これが自分で造って自分で飲めたら最高です。自分のために造れてた素晴らしいです。ハウスIPAという名前にそんなことを想像しました。

アルコールはそこそこ感じます。とても美味しいIPAでした。

今回は以上です。

飲んだお店

ちなみにこのビールを飲んだのは代々木にあるY.Y.G. Breweryです。

雰囲気が良くてとてもいいお店でした。

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.