ブルワリー・ビアバー紹介 飲んだビール 北陸旅行記

【金沢】【ブルーパブ】「ORIENTAL BREWING(オリエンタルブルーイング)」は新鮮なビールが飲めるお店【北陸旅行記#2】

更新日:



こんにちは。前回に引き続き、北陸旅行記の続きを書いていこうと思います。

今回は、金沢市街地にある、「ORIENTAL BREWING」というブルーパブについてご紹介します。

北陸旅行記はこちら

ORIENTAL BREWINGについて

オリエンタルブルーイングとは、金沢市内にある醸造所です。直営店では、作りたてのフレッシュなビールを飲むことができます。

直営店は金沢市内に2店舗あります。

  • 東山店(醸造所併設の1号店)
  • 香林坊店(街中で落ち着いて飲める2号店)

それぞれ、以下の場所にあります。

東山店

香林坊店

今回は、香林坊店に行きました。

飲めるビール

この日飲めたビールは以下の8種類でした。

  1. オオカミ/PALE ALE
  2. 加賀棒茶スタウト/ORIGINAL TEA STOUT
  3. 湯涌ゆずエール/FRUIT WHEAT
  4. シングルホップシトラ/SESSION IPA
  5. からっぽねやみⅡ/IPA(Be easy Brewing AOMORI)
  6. ココナッツポーター/PORTER(MARCA OSAKA)
  7. アカズキン/FRUIT WHEAT PEACH
  8. スーパードライ/Pilsner(ASAHI)

このうち、1、オオカミ 2、加賀棒茶スタウト 3、湯涌ゆずエール 4、シングルホップシトラ 6、アカズキン はオリエンタルブルーイングで醸造したビールのようです。

さて今回は「1、オオカミ」、「4、シングルホップシトラ」、「6、アカズキン」の3種類のビールを飲みましたので、それぞれ紹介していきたいと思います。

飲んだビール① オオカミ 700円

まず最初に頼んだのは、ペールエールの「オオカミ」

色は、割と淡めです。

特徴的な点としては、エステル香はほぼ感じませんでした。

味は、麦感がとても強いと感じました。飲んだ瞬間から、"麦"といった感じでした。

個人的には、とても好みの味でした。こういうペールエールはとても好きです。



飲んだビール② シングルホップシトラ 700円

続いてSESSION IPA(セッションIPA)のシングルホップシトラを注文しました。

セッションIPAはこれまでこのブログでも紹介しましたが、「セッション」とはアルコール度数がそのスタイルの基準よりも低いビールのことを言います。IPAには「セッション」が付くものが多いように感じます。

さてシングルホップシトラですが、黒板の説明にもあった通り、柑橘のとても爽やかな香りがします。

味も柑橘の味です。グレープフルーツです。

またこのビールからも麦感を感じます。特に後味が麦です。

舌先は柑橘、十分に口に含むと舌の後ろの方で麦感を感じるような気がします。

飲んだビール③ アカズキン 700円

続いてはアカズキンです。

こちらは"フルーツウィートピーチ"というスタイルのようです。白桃を使ったビールでした。

色は濁っています。白桃を思わせる色です。

匂いは完全に桃ジュースです。また、味も桃です。

これならビールが苦手な方や女性も飲みやすいのではないかと思います。



フード ビール酵母ポテトフライ 400円

最後に、おつまみを紹介します。

ビール酵母ポテトフライです。

食感は「ホクホク」であり、「サクサク」でした。

マックとモスのフライドポテトを足した感じです。

とても美味しいフライドポテトでした。この値段でこのクオリティはとてもコスパがいいと思います。

まとめ

今回は、金沢のオリエンタルブルーイングについて紹介しました。

店員さんの話では、ここで出しているビールはもう片方の店舗「東山店」で造ってるものを運んできていて、「東山店」では出来立てのビールが飲めるので、そちらもオススメですよとのことでした。

今回は時間がなかったので行けませんでしたが、また金沢に行く機会があれば必ず行きたいと思います。

どのビールも麦感が強くて、個人的にはとても好きなビールでした。

みなさんも金沢に行く機会があれば是非立ち寄ってみてください。

今回は以上です。

北陸旅行記はこちら

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-ブルワリー・ビアバー紹介, 飲んだビール, 北陸旅行記
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.