飲んだビール

奥能登ビール 日本海倶楽部 ピルスナー|チェコ出身のブラウマイスターが醸す本格的なボヘミアン・ピルスナー

投稿日:



今回は、日本海倶楽部のピルスナーを紹介します。

奥能登ビール 日本海倶楽部

日本海倶楽部は、石川県の能登半島にあるクラフトブルワリーです。

公式ホームページによると、「地ビール工房やレストラン、牧場などからなる、新しいリゾートエリアが「日本海倶楽部」」だそうです。旅行でぜひ行ってみたいです。

日本海倶楽部のビールは今回初めて飲みます。飲んだのは、神保町の日ノモトビアパーラーです。

ピルスナー

こちらが日本海倶楽部のピルスナーです。

メニューの説明を紹介します。

ピルスナースタイルの本場、チェコ出身のブラウマイスターが醸すボヘミアンピルスナー。モルトの芳醇な香りと、ホップのフローラルな香りと清々しさ。コクがしっかりありながらもスッキリ。綺麗なピルスナーです。

チェコ・ピルゼンはピルスナー発祥の地です。日本の大手のビールは全てピルスナーというスタイルです。同じピルスナーではありますが、ヨーロッパ、特にチェコのピルスナーはテイストが違います。日本のビールはスーパードライに象徴されるように、ドライでキレのあるビールという印象が強いですが、チェコのピルスナーはカラメル的な甘みが強いです。

香りはカラメル感があって、まさしくチェコピルスナーといった感じです。モルトの甘味がものすごく優しいです。

穀物感のあるふくよかな甘味が口いっぱいに広がります。コクがありながらもすっきりです。後味がとても心地よいです。

さすがはチェコ出身のブラウマイスターが醸すピルスナーです。とても美味しかったです。

本場・チェコのピルスナー

最後に、本場・チェコのピルスナーについて紹介します。

上で、チェコのピルスナーについて書きましたが、特に有名なのがピルスナー・ウルケルです。最近アサヒが提携したので、日本でも飲みやすくなりました。オススメは新橋にあるピルゼンアレイです。ここにはタップスターの資格を持つ注ぎ手・佐藤さんがいます。とても美味しいウルケルを飲むことができます。

また、瓶ビールもたまに売られています。

見かけたらぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.