ブルワリー・ビアバー紹介

大塚 NAMACHAん Brewing|さすがは燻製のお店。"ラオホビール"が絶品のブルーパブ

更新日:



今回は、大塚にある「NAMACHAん Brewing(なまちゃんブルーイング)」を紹介したいと思います。

NAMACHAん Brewing(なまちゃんブルーイング)

NAMACHAん Brewing(なまちゃんブルーイング)は、大塚にあるブルワリーです。

今回大塚には初めて行きました。

Smoke Beer Factory(スモーク ビア ファクトリー)という燻製料理とクラフトビールのお店の、大塚店の店内にあります。Smoke Beer Factory自体は、他に要町店と東長崎店があるようです。大塚店にのみ、醸造施設があり、そこにNAMACHAん Brewingはあります。

いい感じの外観です。

こちらの女性がブルワーさんだそうです。NAMACHAん Brewingとは、このブルワーさんのあだ名に由来するとのこと。また、豊島区で唯一のブルワリーだそうです。

店内からは醸造設備を見ることができます。

ビールメニュー

ビールはこのお店で造っているビールと、ゲストビールがラインナップされていました。ゲストビールもなかなか充実していました。

今回はゲストビールは飲まず、ここで造られているビールを飲むことにしました。

飲んだビール

それでは飲んだビールを紹介して行きます。

なまのペールエール

まず最初に飲んだのは「なまのペールエール」です。

見た目は濁っていて、一見ヘイジーIPAか?と思うほどです。香りもヘイジーIPAさながらのフルーティさです。ジューシーなとても良い香りがします。

飲んで見ると、フルーティではありますが割とドライで苦味もあり、クリアなビールでした。

シャイニングヘイズIPA

続いては「シャイニングヘイズIPA」です。

スタイルは「ニューイングランドIPA」です。ブルーパブで飲めるニューイングランドIPAを飲まない手はありません。香りはピーチやライチのようなジューシーでトロピカルな香りがします。使用しているホップはギャラクシー、モザイク、シトラといったアメリカンホップ。まさしくそんな感じのホップフレイバーです。味もフルーティで甘みがあります。

なまのペールエールよりも濃い味わいでした。

はじまりのラガー

続いては「はじまりのラガー」です。

上の2つよりもよりクリアな色合いです。名前からしてはじめに飲まないといけなかったかもしれません。ペールエール、IPAと飲みたい順に飲みました。説明を見ると、このビールもホップ由来のトロピカルフレイバーが特徴とのこと。

実際に、香りはものすごくフルーティで、とても華やかな香りがしました。しかし味はとてもマイルドで、そこはラガーだな、と感じました。とても美味しかったです。

なまちゃんのラオホ

最後に飲んだのは、「なまちゃんのラオホ」です。

燻製のお店で飲む、燻製ビールです。説明には、「私達ならではの技術を用いて、ブナで麦芽を燻したラオホビール」とあります。香りはとてもよく、フルーティでありつつモルティな甘みも感じられます。燻製がそこまで主張してきません。

味はとてもバランスがよく、心地よいです。後味に残る燻製っぽさがとても良いです。ドイツのバンベルクで飲んだラオホよりも美味しかったかもしれません。それくらい、美味しいビールでした。

食べたもの

最後に食べたものも紹介しておきます。

まずはお通しです。ピリ辛メンマとスナックです。

注文したのはポテトサラダです。

お通しとこのポテトサラダだけで、ビール4杯には十分でした。

とてもいいお店だったと思います。特にラオホがとても美味しいので、このお店に行ったらぜひ飲んでみてください。

また、最近は東京都内にもたくさんのブルワリーがあります。他にもいろんなところを回っています。こちらにまとめているのでぜひご覧ください。

今回は以上です。

店舗情報

営業日:
火〜土 17:00~翌1:00(L.O.00:30)
日曜日 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:
月曜日

アクセス:
大塚駅南口から徒歩2分

-ブルワリー・ビアバー紹介
-

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.