飲んだビール

【霧島酒造】けやき20回記念「KIRISHIMA BEER 紅茶のビール」|紅茶を用いたスペシャリティラガー

更新日:



こんにちは。今回は、霧島酒造の「KIRISHIMA BEER 紅茶のビール」について紹介します。

これは「けやきひろば秋のビール祭り2018」で飲んだビールですが、けやき20回目の開催を記念したビールです。

紅茶を実際に使用した、とても飲みやすいビールでした。

KIRISHIMA BEER 紅茶のビール

スタイルは「スペシャリティラガー」で、その名の通り紅茶を使用したビールのようです。

見た目はアンバーカラーです。透き通った綺麗な色をしています。

香りは麦芽の甘い匂いと、紅茶の上品な匂いが合わさったような匂いです。

飲んだ感想としては、しっかりと紅茶の味がしました後味はすっきりとしてて、とても飲みやすいビールです。

後味はすっきりとしつつも、とても優しく芳醇な余韻が残ります

エールタイプのビールで、特にベルギータイプのビールには、エール酵母由来の紅茶のような香り、味のするビールがありますが、後味がわりと重ためなことが多いです。

今回飲んだ紅茶のビールは、とてもすっきりとした心地よい後味でした。この辺りはラガーのいいところなのかな、と思います

酵母由来ではなく、実際に紅茶を使っているところにこの「KIRISHIMA BEER 紅茶のビール」の良さがあるのかなと思いました

とても美味しいビールでした。

霧島酒造

こちらの記事でも紹介していますが、霧島酒造について簡単に紹介しておきます。

霧島酒造は鹿児島県都城市にあるブルワリーです。

霧島山の麓で、「霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」という地下水を仕込み水に100%使用しているようです。メルツェンも、この紅茶のビールもそうでしたが、とてもクリアですっきりとした味わいでした。

名水・「霧島裂罅水」を使用して仕込んだビールだと聞くと、妙に納得感があります。土地の特徴を最大限に活かしたビール造りをしていて、クラフトビールの良さがとても出ているなと思いました

今回は以上です。

※このセットには「KIRISHIMA BEER 紅茶のビール」は入っていません。

けやきひろば秋のビール祭り2018

最後に、このビールを飲んだ「けやきひろばビール祭り」について紹介します。

「けやきひろばビール祭り」は、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されている、全国各地のブルワリーが出店する最大級のクラフトビールイベントです。

2018年秋のビール祭りに行ってきましたが、全国各地から90もの出店があり、ビール好きにとっては最高のイベントでした。

こちらで、その時に飲んだビールを紹介しているので、ぜひご覧ください。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.