飲んだビール

キルケニー レッドエール|優しい口当たりで永遠に飲める。アイリッシュパブで飲んだ神泡キルケニー

投稿日:



今回は、武蔵小山にあるアイリッシュパブ「Seamus O'Hara」で飲んだ「キルケニー」の「レッドエール」を紹介したいと思います。

武蔵小山「Seamus O'Hara」

「Seamus O'Hara」は武蔵小山にあるアイリッシュパブです。

一歩店内に足を踏み入れると、そこには異空間が広がっています。店内は外国人が多く、英語が飛び交っています。海外旅行に来たような雰囲気です。

今回は、ここで飲んだキルケニーを紹介します。

キルケニー レッドエール

このお店ではキルケニーとスタウトが置いてありました。キルケニーはアイルランドのビールです。

スタイルはレッドエールです。

色合いは少し白く濁ったような色合いでしたが、徐々に色が研ぎ澄まされていきます。

泡が下から上にだんだんと上がっていきます。最終的には、とてもきめ細やかな泡が出来上がります。

この泡はスタウトもそうでした。アイルランドのビールはとても滑らかできめ細やかな泡ができる特徴があります。

飲んだ印象としては、口当たりがものすごく軽いです。クリーミーですが、水のようなスッキリ感です。永遠に飲めそうな感じがします。後味は甘みがスーッと感じられます。雪解け水のような味です。水飴まで激しくないですが、出汁のようにじっくりと感じられる甘みです。

永遠に飲めそうな美味しいビールでした。

日本のレッドエール

最後に日本のクラフトビールが出しているレッドエールを紹介します。

エチゴビール

新潟県のエチゴビールが出しているレッドエールです。

モルティで甘味の強いビールでした。

伊勢角屋麦酒

次に、三重県の伊勢角屋麦酒です。

こちらはとてもフルーティで、苦味も強い、ちょっと変わったレッドエールです。

ぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。



-飲んだビール
-, ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.