飲んだビール

【ヤッホーブルーイング 軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール】ビール氷河期に現れた個性的ビール【軽井沢エリア限定発売】

更新日:



こんにちは。今回は、ヤッホーブルーイングから軽井沢エリア限定で発売されているブランド「軽井沢ビール クラフトザウルス」の「ペールエール」を飲んだのでご紹介します。

ここ最近、軽井沢で飲んだクラフトビールの紹介をしていますが、今回のクラフトザウルス ペールエールも、軽井沢にいった時に飲んだビールです。

軽井沢はとてもクラフトビールに熱い街でした。

軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:
https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

今回は、その時に飲んだ、「軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール」についてご紹介します。

軽井沢ビール クラフトザウルス

ヤッホーブルーイングから、2017年7月、新たなビールブランドが誕生しました。その名も「軽井沢ビール クラフトザウルス」です。

外部リンク:
2017.6.19 [ニュースリリース] 新ブランド『軽井沢ビール クラフトザウルス』を7月4日(火)より発売

こちらの公式サイトによると、

"地元軽井沢を日本で一番クラフトビールが盛んな街にしたい"

という想いから、軽井沢エリア限定製品としては20年ぶりの新ブランドとして、軽井沢のスーパーなどで展開しているとのことです。

また、これまでこのブログでは、同じヤッホーブルーイングから発売された「軽井沢高原ビール」シリーズについてはたびたび紹介してきました。(飲んだ軽井沢高原ビールの一覧

公式サイトによると、ヤッホーブルーイングでは、

"地元軽井沢で愛されるビールを目指して、親しみやすく優しい味わいの「軽井沢高原ビール」を販売してきましたが、今回の「クラフトザウルス」はこれまで表現することができていなかった個性的なビールをバラエティ豊富なラインナップで展開していく"

とのことです。また、缶のデザインにも登場する「クラフトザウルス」についてですが、こちらも公式サイトによると、

"ビール市場の縮小が進む現在をビール氷河期に例え、そこに新たに誕生した新ブランドを「クラフトザウルス」という架空の生物で表現した"

とのことです。

"「クラフトザウルス」は軽井沢におけるクラフトビール新時代の象徴"

だそうです。

この記事でも書いた通り、僕は軽井沢でクラフトビールの熱を感じました。このビールが発売されて一年が経ち、今後ますます軽井沢はクラフトビールで盛り上がっていくことと思います!

クラフトザウルス ペールエール

こちらがパッケージのデザインです。ビール氷河期に現れた「クラフトザウルス」が、こっちを見ています。

軽井沢から始まるビールの革命期。クラフトビールの異次元体験へ。」とてもかっこいいです。と同時に、地元軽井沢をとても大事にしているのが伝わります。

原材料は、シンプルに麦芽とホップのみです。小麦や副原料は入っておらず、純粋なペールエールのようです。

実際に飲んでみた感想ですが、グレープフルーツの香りがとても強いです。

ヤッホーブルーイングのビールは何種類か飲んでいますが、このビールが一番グレープフルーツ香が強いビールだと思いました。

飲んだヤッホーブルーイングのビール一覧

まとめ

今回は、軽井沢ビール クラフトザウルス のペールエールを紹介しました。

ヤッホーブルーイングのビールの中でも、特にホップの柑橘の香りが強く、クラフトビール新時代を象徴する個性的なビールだと感じました。

クラフトザウルスシリーズには、ペールエールの他にも、ヴィンテージエールというものがあるようです。

こちらも、また軽井沢に行ったらぜひ飲んでみたいと思います。

今回は以上です。

軽井沢のクラフトビール一覧はこちら:https://pivoblog.com/tag/karuizawacraftbeer

ブログで紹介したビールの一覧はこちら

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.