飲んだビール

【限定発売】Asahiのプレミアム生ビール「熟撰」は、スーパードライとは対照的な麦芽の甘みを強く感じるビール

更新日:



こんにちは。今回は、アサヒから限定発売されている「熟撰」を飲んだので、紹介したいと思います。

熟撰とは

熟撰といえば、ワンランク上のちょっといい感じの飲食店のメニューにある、ワンランク上の生ビール、といったイメージがあります。

缶ビールのパッケージにも、「こだわりの飲食店が認めたプレミアム」とのキャッチフレーズがあります。

こちらは裏面ですが、ここの表記を見ても飲食店を意識したビールであることがわかります。

目指したのは"料理にそっと寄り添う生ビール"。こらわりの素材、丁寧な仕込み、長期熟成。普段は飲食店でしか味わうことのできない深い味わいと上質な香りのプレミアム。

「料理にそっと寄り添う」を目指すというところは、僕が日頃から感じている「日本のピルスナー」の特徴的な部分と重なります。

このツイートでは「空気を読む」と書きましたが、熟撰のコンセプトである、「料理にそっと寄り添う」という表現についても、言おうとしていることがなんとなくわかる気がします。

原材料ですが、「麦芽、ホップ、米、スターチ」となっております。

ここはアサヒのビールらしさが出ているところだと思います。

飲んだ感想

ピルスナーグラスに入れて飲みたかったのですが、今日は最近使っていなかったこのマグを使います。

というより、ちゃんとしたピルスナーグラスが欲しいところです。

さてグラスに注いでる最中から、いきなりとてもいい香りがします。甘めの上品な香りです。これはスーパードライには感じない香りです。プレミアム感を感じます。

同じ原材料を使っているのに、つくり方で違いが出るものですね。ドライとは真逆をいくビールといった感じです。

飲んだ印象としては、上品なビールといった感じです。雑味がなく、麦芽の甘みを強く感じます

雑味のなさは、長期熟成によるところでしょうか。

また、スーパードライは"辛口"ですので、麦芽の甘みが感じられるあたりはドライの真逆を行っています。

日本には他にも「ヱビスマイスター」といったプレミアムビールがありますが、プレミアムビールの特徴としては、麦芽の甘み・コクを感じられるところではないかと思います。

ヱビスマイスターについてはこのブログでも紹介しているので、よろしければご覧下さい。

熟撰の特徴としては、麦芽の甘みを感じつつも、より後を引かないスッキリとした後味が特徴的かなと思いました。

「料理に寄り添う」というポイントが意識されていて、コンセプト通りの素晴らしいビールだと感じました。

まとめ

今回は、アサヒから限定発売されている熟撰について紹介しました。

スーパードライとは対照的に、麦芽の甘みを強く感じるビールだと感じました。

しかしながら、後味はスッキリとしていて、一緒に食べる「料理にそっと寄り添う」ビールというコンセプト通りのビールだと感じました。

今回は以上です。

ブログで紹介したビールの一覧はこちら



-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.