飲んだビール

復刻特製ヱビス|当時の製法を再現した、古き良き、昭和のジャパニーズピルスナー

更新日:



今回は、「復刻特製ヱビス」を紹介します。

2019年4月23日に限定発売されていたので、飲んでみました。

復刻特製ヱビス

「エビス」はサッポロビールから発売されているビールですが、誕生したのは1890年。日本麦酒醸造会社から恵比寿ビールが発売されました。その後、戦争が始まり、サッポロ、アサヒと共に三社で大日本麦酒株式会社が設立され、ビールの銘柄は一本化されました。

戦争が終わり、「アサヒ」と「サッポロ・日本麦酒」のように分割され、1972年にエビスが復活しました。今回飲んだ「復刻特製ヱビス」は、その当時に発売されたエビスビールの製法を再現した商品だそうです。

その辺りの歴史が書かれています。

僕はエビスの歴史を日本ビール検定を受験して学びましたが、恵比寿にあるエビスビール記念館に行くと、エビスの歴史を映像などを使って説明してもらうことができます。

一度行ってみましたがとても面白かったのでオススメです。またこのブログでも紹介しようと思います。

飲んだ感想

ここからは飲んだ感想を紹介していこうと思います。

注ぐとこんな感じです。通常のエビスと同じような鮮やかな黄金色です。香りはモルトの甘味を感じるエビスの上品な香りです。

飲んでみると、甘みがとても強く感じます。しっとりした甘みです。エビスの特徴である、ふくよかな穀物感はそこまで感じませんが、甘味がしっかりとしていています。苦味はそこそこです。強くはありません。

凹凸がない味という感じでしょうか。飲みやすいです。飲みやすさが古き良きジャパニーズピルスナーといった感じです。古き良き、無骨な昭和のピルスナー、という印象のビールでした。

また、パッケージに書いてある通り、このビールは「熱処理」のビールです。熱処理とは、酵母の除去にろ過ではなく熱を使って除去しているビールです。なので、「生ビール」ではありません。通常のエビスは「生ビール」です。ですが、生ビールのエビスと熱処理のエビスと、それによってどう味が変わるのかと言われたら、わかりません。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.