飲んだビール

【Guinness】ギネス エクストラスタウト|強烈なロースト感と香ばしい苦味のスタウト

更新日:



こんにちは。今回は、ギネスの瓶ビール「エクストラスタウト」を飲んだので紹介します。

ギネス(Guinness)

ギネスといえば、アイルランド発祥の黒ビール、「スタウト」をつくりだしたビールの会社です。

その歴史は古く、1759年に誕生したビールです。

ペールエールや、ピルスナーよりも古くからあるビールです。

ピルスナーがチェコ・ピルゼンで誕生したのが1842年

ペールエールの生みの親、イギリスのバス社が商標登録を行ったのが1876年

つまり、アイルランドで1759年に誕生したギネス・スタウトは、これらのビールよりも100年近く古い歴史があることになります。

日本だと、ピルスナー以外のビールはわりと最近になって飲まれるようになったので、これほど歴史のあるビールだというのは意外に思います。

ビールの歴史は古く、知れば知るほど意外な事実が知れて面白いです。

スタウト(stout)

スタウトは、これまでも飲んだことがあり、このブログでも何回か紹介しています。

□浜松町の「82エールハウス」で飲んだギネススタウト

□向ヶ丘遊園の「ブルーパブ・ムーンライト」で飲んだスタウト「江戸前」

上の章でも紹介しましたが、スタウトは歴史ある黒ビールで、黒ビールの王様とも呼ばれています。

一口に黒ビールと言ってもその数は何種類かあり、それぞれ特徴が分類できます。

スタウトは特に強烈なロースト感あり、またドライな飲み口が特徴です。

過去に黒ビールの種類をまとめた記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

ところで、ギネススタウトには主に2種類あります。

一つが缶ビールの「ギネスドラフト」。

もう一つが、瓶ビールの「ギネスエクストラ」。

今回飲んだのは、瓶ビールの「ギネスエクストラ」です。

ギネス エクストラスタウト(Extra Stout)

さてここからはギネス エクストラスタウト(Extra Stout)の紹介です。

左上にはギネスのロゴであるハープが描かれています。これはアイルランドの国章のようです。下には赤文字でアーサー・ギネスの文字が。このスタウトをつくりだした人物です。

原材料は麦芽、ホップ、大麦の3種類。大麦を入れることで、よりドライな味に仕上げています。

グラスに注ぐとこんな感じです。強烈なロースト香があります。ビールの色は真っ黒です。泡もほんのりと焦げた色合いを反映しています。

飲んでみると、かなり強烈なロースト感です。香ばしいです。しかしやはりドライです。麦芽の甘みはさほど感じず、とにかく焦がした味わいが強いです。

苦味もあります。よくスタウトの苦味はコーヒーに例えられますが、まさしくコーヒーのような、香ばしい苦味です。また、アルコールも強めに感じます。同じ上面発酵の黒ビールに、ポーターがあります。

ポーターはもう少しボディが強く、また、エステル香も感じられるものが多い印象です。ギネススタウトはドライで強烈なロースト感があり、大人のビールといった感じでした。

みなさんもぜひ飲んでみてください。

今回は以上です。

ギネス エクストラスタウト 330ml瓶 12本セット
ギネス エクストラスタウト
¥ 3,500
オーリック ★キャッシュレス5%還元対象店

-飲んだビール
-, , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.