飲んだビール

Distant Shores Brewing コンニチワマイケルデスVer.6 HAZY IPA|トロピカルフレイバー際立つドライなニューイングランドIPA

投稿日:



今回は、「Distant Shores Brewing」の「コンニチワマイケルデスVer.6 HAZY IPA」を紹介します。

このビールは、東京ビアフェス2019で飲んだビールです。

Distant Shores Brewing

Distant Shores Brewingは、東京の東村山にあるブルワリーです。

公式サイト:
https://distantshoresbrewing.com/醸造所/

2017年からビールと造っているそうです。公式サイトは洗練されています。説明文が英語なので、ブルワーの方が海外の方なのか、もしくは海外のお客さんを意識しているのかもしれません。

毎週日曜日の午後1時から午後6時まで、テイスティングルームが空いているそうです。ぜひ一度行って見たいです。

このブルワリーのビールは今回の東京ビアフェスで初めて飲みました。

今回飲んだのは、コンニチワマイケルデスVer.6 HAZY IPAというビールです。

コンニチワマイケルデスVer.6 HAZY IPA

大人気のビールだそうです。スタイルはみんな大好きなヘイジーIPAです。ニューイングランドIPAとも言います。

参考:

パイン、グレープフルーツ、マンゴー、ブルーベリー、シトラスの香りがいっぱいのビールとのこと。

こちらが「コンニチワマイケルデス」です。見た目は濁っています。

香りはかなりジューシーです。説明にもありましたが、トロピカルでとてもいい香りがします。

飲んでみると、割とドライです。ドライな分、トロピカルフレイバーが際立ちます。他の特徴としては、後味に酸味がやや残ります。

マイクロブルワリーの造るヘイジーIPAというのはとても良いです。今度はタップルームで飲んでみたいです。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , , , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.