ブルワリー・ビアバー紹介

新宿南口 プティデリリウムタップカフェ|時間つぶしにオススメ!一人でも入りやすい落ち着いた大都会の憩いの場

更新日:



今回は、新宿南口のサザンテラスにある「プティデリリウムタップカフェ」でベルギービールを飲んだので紹介したいと思います。

デリリウムカフェ

デリリウムカフェはベルギービールが飲めるビアバーです。ホームページでは、「直輸入の100種類以上の樽生の中から最大40種(銀座)を提供する「ベルギービールの聖地」」と紹介しています。

銀座や赤坂、新宿などに店舗があります。

また、五反田にある「リオ・ブルーイング・コー 東京醸造所」は系列店のようです。

ここでは実際に自家醸造のビールを飲むことができます。

プティデリリウムタップカフェ

今回行ったのはこちらの新宿南口サザンテラスにあるプティデリリウムタップカフェ

ホームページの写真は夜の写真ですが、昼見るのと夜見るのとでは雰囲気がかなり違います。

店内はカウンター、テーブル席があり、一人でも入りやすいです。新宿で一人で少し時間が空いてしまったような時など、時間つぶしにも使えそうです。

ちなみに一人の人は結構いました。パソコンで作業している人や本を読んでいる人など、皆平日の優雅な昼下がりを過ごしていました。

カウンターにはいろんなベルギービールのタップが設置されています。

色とりどりで綺麗です。

僕は今回30分ほど時間が空いたので、その時間つぶしに1杯だけ飲みました。

デ・ランケ醸造所 グーデンベルク

今回飲んだのはこちらのビールです。

デ・ランケ醸造所のグーデンベルクです。250mlで690円です。

デ・ランケ醸造所といえば、以前他のビールを飲んだことがあります。

あまりベルギービール事情には詳しくはありませんが、そんな僕でも飲んだことのあるベルギービールなので、結構日本に出回っているベルギービールだと思います。

ボベリング産の高級ホップを使って、発酵中にもホップを漬け込むドライホッピングで最高の味わいへと仕上げており、ホップの鞠花をそのままいただくかのような豊満なホップの香りと味わいがある。

ベルギービールのドライホッピングはアメリカンスタイルのビールとはまた違って、とても上品でふわっとしたフルーティさがあります。

香りはとてもフルーティで良いモルトの香りも漂います。クリーミーでふわっとした、ベルジャンな上品さもあります。

詳しくは別記事を書きました。

今回は以上です。

店舗情報

営業時間:
11:00~23:00

アクセス:
新宿駅南口から徒歩約6分

-ブルワリー・ビアバー紹介

Copyright© PIVOBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.