飲んだビール

盛田金しゃちビール 名古屋赤味噌ラガー|赤味噌を使用!意外とスッキリとした飲みやすい銅色のラガービール

投稿日:



今回は、「盛田金しゃちビール」の「赤味噌ラガー」を紹介したいと思います。

このビールは、東京ビアフェス2019で飲みました。

盛田金しゃちビール

盛田金しゃちビールは、愛知県犬山市にあるブルワリーです。

盛田は日本酒や味噌などを製造する会社で、1665年創業の老舗です。金しゃちビール自体は1996年にスタートしたこれまた老舗のクラフトブルワリーです。

明治時代に三ツ星ビールというブランドでビールを出していたようです。

当時「三ツ星ビール」という名前でビールの試醸に成功していたという事実があり、一過性で出来上がった「地ビール」というものではなく、お客様に喜ばれる高品質のビールを醸造するという、いわば100年の夢を受け継いだ事業です。
https://www.kinshachi.jp/会社概要/

100年の歴史を持つ、日本の中でも異例の地ビールブランドということができそうです。

今回は、金しゃちビールの中でも有名な銘柄「赤味噌ラガー」を紹介します。

赤味噌ラガー

味噌の甘みがほのかに香る旨味とコクのオリジナルビール」とあります。原料の一部に甘味噌を使用しているようです。味噌を使ったビールというのは今まで聞いたことがありません。

しかもこのビールはラガーということで、一体どんな味わいのビールなのか想像がつきません。

こちらが赤味噌ラガーです。色合いは銅色でだいぶ赤みがかっています。

飲んでみると、そこまで味噌は感じません。面影がある程度です。やはりラガーなので、スッキリとしています。やや酸味を感じます。味噌は言われてみないとわかりません。

見た目が銅色で味噌っぽい色をしていたので心して飲みましたが、そこまで味噌を強く感じるわけではなく、ラガーらしい後味のビールでした。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.