飲んだビール

立川 10ants Brewing Θ|緩やかなホップフレイバーと緩やかなモルト香、ガツンとくる苦味とアルコールが特徴のW-IPA

更新日:



今回は、「10ants brewing」の Θ というビールを飲んだので紹介したいと思います。

※2019/09/29追記:鈴木ボッティチェリさんよりコメントいただき、ビールの名前を訂正しました。ありがとうございます!

10ants brewing

10ants brewingは日本のファントムブルワリーです。ファントムブルワリーとは自分の醸造を持たないブルワリーで、10ants brewingでは静岡県沼津にある日本ビール醸造株式会社というブルワリーで委託醸造しているようです。

10ants Brewingが飲める直営店としては、立川にある「串揚げと樽生ビールのお店 和が家 立川店」がフラッグシップ店としてホームページで紹介されています。要は、造っているのは静岡県、飲めるのは立川、という感じです。

海外で有名なファントムブルワリーといえば、ミッケラーやブラッセルズといったブルワリーが挙げられます。いずれも日本に公式のタップルームがあり、ビールを飲むことができます。

今回は、武蔵境で開催されていた中央線ビールフェスティバルで「Θ」という10ants BrewingのIPAを飲んだので、紹介したいと思います。

10ants brewing Θ

アルコール7.5%、IBUは90の強めなビールです。スタイルはW-IPAとのこと。

色合いは濃いめです。銅色といったところでしょうか。

ホップの香りは弱めです。ほのかにライチの匂いがします。緩やかなフルーティ香といったところでしょうか。モルティな香りもします。

飲んだ感想としては、香り同様の緩やかなホップフレイバーと、緩やかなモルトの香味、後味には苦味がしっかりと残ります。アルコール感もしっかりとしていて、ガツンとくるビールでした。

中央線ビールフェスティバル

今回10ants Brewingのビールを飲んだのは中央線ビールフェスティバルです。

中央線沿いのクラフトブルワリーが一同に集結した、一大ビアフェスです。

普段なかなか中央線沿いのブルワリーに行く機会がないので、こういうイベントは思わず参加してしまいます。実際、今までに行ったことのないようなブルワリーがたくさんあって、とても楽しめました。

また開催される時にはぜひ行きたいと思います。

今回は以上です。

-飲んだビール
-, , ,

Copyright© PIVOBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.